注文住宅 T様邸 新築工事

概要
住  所:千葉県 船橋市
敷地面積:240.01㎡(72.60坪)
床面積:181.04㎡(54.76坪)
構  造:木造(在来工法)2階建て

今回ご依頼いただいた建築地は千葉県船橋市。
都心へのアクセスも便利な船橋駅付近は商業施設が 充実した街並みで、その中心地から程よく離れた閑静で緑豊かな絶好のロケーション。
敷地も広く建築の自由度も高い案件でした。

しかし、オーナー様はこの広い敷地を利用し、いずれは収益型の住宅をもう1棟建てたいとのご希望があり 将来土地を分筆可能な建築形態にするところからのプランニングとなりました。

オーナー様からのご要望は他に、奥様のご両親家族も同居できる2世帯型住宅。 当初、一般的な1階親世帯、2階子世帯という2世帯型で計画を進めていきましたが、 こちらも将来賃貸として有効利用できる形にしてみてはどうかというご提案をしたところ、 大変興味を持っていただき、1階の親世帯は将来2所帯に分けられるようプランニング。 費用の問題はあったものの、周りの方々のご協力でなんとかクリアとなり、計画が決定いたしました。
空間の広がりと日当たり。それと使い勝手の良いロフトと広いデッキテラス。 各室の割り当ては、広いLDKの他に完全に仕切れた2部屋の子供部屋。 奥様の寝室とご主人の書斎兼寝室。そして大きめの収納庫と水周り。 2階の子世帯の全体的な雰囲気は落ち着きのある空間を希望。そしてアクセントに大好きな「赤」を 入れたいとの御要望がありました。

自らをロマンチストと語るご主人様の書斎は、月を眺めたり、雨の音を楽しんだりする、 狭くても趣のある空間にして欲しいとのこと。 逆に奥様やお子様のお部屋はとても明るくポップなイメージに。 このギャップもまた個性的で空間に変化をもたらす結果に。 ご主人様が特に力をいれていたのが、やはりLDK。 法規上、構造上の制限があったものの、そのなかで吹抜けをつくり開放的に。 リビング併設のロフトへはスチール製のシースルー階段でアクセス。 リビングに階段を設置することで空間のアクセントとなり、なおかつロフトとの一体感をもたせました。
最初は面白くて使っていたロフトが、なかなか行かなくなり最終的には物置になってしまった・・・ ということはなくなる動線です。 現在はお子様の遊び場 として、将来はご主人様の第二の書斎に・・・と考えているそう。 沖縄ご出身のご主人様。玄関にはシーサーがしっかりと家を守り、 表札にはこれまた沖縄ならではの琉球ガラスで涼しげに玄関を飾ってます。

将来を見越した収益型2世帯住宅。 土地の広さや資金の問題も確かにありますが、非常に有効的で単世帯の住宅とはまた違う、 魅力に溢れた住まい造りのモデルケースとなりました。


▲このページの先頭へ