リフォーム マンション改装工事

概要
住  所:神奈川県 横浜市
延床面積:85㎡(25坪)
構  造:RC造 5階建て

今回のリフォームのオーナー様はご夫婦と男子4人の六人家族。

既存のお部屋は一般的な分譲マンションの間取りの4LDKでした。 当然部屋数が足りておらず、築13年という築年数もあり仕上げや設備機器の傷みも目立ってきたことからリフォームに踏み切られました。

このリフォームで一番の肝になる部分がやはりプランニング。マンションのリフォームでは外壁や窓、給排気や電気設備等、いわゆる共用部にからむ箇所の変更にはかなりの制限がかかります。というかほとんど変更はできません。

そんな状況でのオーナー様からのご希望は
・各個室の確保。
・全ての部屋に採光を確保。
・もともとあった和室は残したい。
・ご主人の書斎の確保。
・収納スペースの確保。
・キッチンをもっと使いやすく、リビングとの繋がりをもたせたい。
などなど。

難しいのが個室を確保しつつ全ての個室に開口部をからめていかなければいけないということ。 間仕切りの位置も限られてしまいます。
そして4LDKを6LDKにするにあたり、床面積は変わらないので当然各個室は小さくなります。一部屋3帖という案も・・・。
何度もプランニングし何度もオーナー様と試行錯誤した末に出た答えは、4LDK+和室の5LDK。 お子様の歳が離れているので、年数によってフレキシブルに使用者を変えていくというスタイルでまとまりました。おおらかなオーナー様だからこそのプランだと思います。

既存の和室は隣り合ったLDKと小さめの引戸で仕切られ、仕上げもガラリと変わっていたので、このLDKとの繋がりを持たせるため仕上げを統一。開口部を大きくし、建具を収納すればLDKと一体の空間になるよう配慮しました。実はこの和室でお子様はサッカーをやったりするのだとか・・・。壁紙にひと工夫して、アクセントに。和室でありながらもなんとなくやる気のでる雰囲気になった気がします。

唯一の奥様の城、キッチンも既存の半個室型からオープンスタイルの対面型とし、LDKと一体化。使いやすく明るい、そして繋がりのある素敵な空間になりました。


▲このページの先頭へ